Ripple (リップル)とは

Rippleとは

リップルの概要

Ripple (リップル) は、アメリカにある企業、Ripple Inc. によって開発が行われている決済システムの名前です。

その決済に使う独自通貨のXRPが一般的にリップルと呼ばれ、仮想通貨として取引されています。

リップルの特徴

リップルは、ビットコインの仕組みを応用し、さらに今までのビットコインの欠点である拡張性や決済スピードなどの問題を解決した技術を持っています。

また、リップルで使われるXRPはブリッジ通貨として機能し、他の通貨と自由に交換でき、マイナーな通貨同士の取引を仲介することも出来ます。

リップルの将来性

リップルは、Googleが出資したことでも知られていますが、仮想通貨全体でも第三位の時価総額を占めています。

2016年には、みずほ銀行などの43銀行がリップルの採用を表明し、2017年には、世界大手の6銀行がリップルを採用するニュースが発表されました。

今後も、金融機関の決済や送金サービスとして、着実に普及する兆しを見せています。

リップルの購入方法

リップルを購入するには、最初にリップルの取引サービスを提供している「取引所」でアカウント(口座)を開設する必要があります。その後、銀行振込などの方法で自分の口座に入金してリップルを購入します。

Ripple(リップル)の購入

リップルを購入できる日本国内の取引所は少なく、取引量やサービスを考慮して、Coincheck(コインチェック) が一番おすすめできます。

Ripple(リップル)の取引所

コインチェックには「貸仮想通貨サービス」があり、購入したリップルを貸出すことによって、最大年率5%の利用料を得ることが出来ます。

リップルの投資

2013年に、リップルのXRPが発行開始された時、1XRPあたり0.6円程度でした。それから、2017年3月頃まで1円未満で推移していましたが、4月に入ると3円を越すようになります。

5月には、Ripple社のロックアップの発表により、50円程までに急激に上昇しました。その後、価格は下落していき、6月には、30〜35円前後で取引されています。

リップルのXRPは、ブリッジ通貨としての側面もあるので、あまり価格が上がり過ぎると金融機関が利用しづらくなると考えられています。そのことにより、リップル社が価格を調整していると推測する人もいます。

この先、1XRPが数千や数万の価格を付けるのは期待できないかもしれませんが、その反面、大幅な価格下落も起きにくいと予想されます。

これからのリップルへの投資は、短期の売買で利益を求めるより、長期保有にシフトしていくのがトレンドになるのではないでしょうか。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. Ripple購入

    Ripple (リップル) の購入

  2. Ripple取引所

    Ripple (リップル)の取引所

最近の記事

  1. NEM取引所
  2. NEM購入
  3. NEMとは
  4. Ripple取引所
  5. Ripple購入

人気記事

  1. Bitcoinとは
  2. Bitcoin購入
  3. Ethereumとは
  4. Rippleとは
  5. NEMとは
  6. Ethereum取引所
  7. NEM取引所
  8. NEM購入
  9. Ethereum購入
  10. Bitcoin取引所
PAGE TOP